ピアノ

元ピアノ教師の保育士です。子育て(3人)孫育て(4人)の経験あり。頑張るママの縁の下の力持ちになりたいです!

音大卒業後30年以上ピアノ教師をしていましたが、53歳の時、保育士資格を得て認可保育園に4年半勤務しました。その後ベビーシッターをしています。

音大卒業後は短大の非常勤講師・母校の付属音楽教室講師を勤め、子どもができてからは、個人レッスンをしていました。若い時はほとんどピアノ一筋の生活です。

夫の2度の海外転勤(シドニー、ホーチミン)に帯同し、シドニーでは次女を出産しました。現地での子育ての中で、プレイグループでピアノを弾いたり、学校のキャンティーンの仕事をボランティアでしたり、日本語クラスのアシスタントをしたりする機会もありました。英語での日常会話は今でもOKです。

子どもは女2人に男1人。3人とも国立大学(2人は東大)を卒業し、金融、医療、ITとそれぞれ自立し、結婚し子どもにも恵まれました。

小学校受験も考えていましたが、帰国の時期や通学区域の問題で断念しました。それでも小学校受験のための勉強を母子でしたことは、その後の勉強意欲や習慣に結びついたかなと思っています。

子どもたちは3人とも中学受験をし、中高一貫校を卒業しました。私個人としては、この中高一貫校はお勧めで本当に良かったと思っています。

私は基本、学校任せ、塾任せ、本人任せでしたので、家庭教師がするように勉強を見てあげた経験はありません。子どもに質問されたら、答えを一緒に探そうということを一緒に行っていたくらいです。

私が自分の子育ての中で努めたことは、今でいう非認知能力の分野。例えば学習について言うならば、勉強は努力しないと身につかないこと、時間を上手く使うこと、わからない時にどう解決していけばよいか、を伝えることでした。

そしてAIなど変化する世界に生きていく子どもたちにとって大切なことは、この非認知能力であると考えております。これは塾や家庭教師から教わることはできず、母親こそが一番の先生です。そのお手伝いをすることができれば幸いです。

娘たちに良く言っていたのが、仕事も子育ても頑張って欲しい。欲張りになって欲しい。

実際長女は年子の男の子2人を授かりましたが、両立は予想以上に大変なことです。週3日手伝いに行っていたこともあります。

わが子たちだけがよければよいとは思いません。
頑張るママたちを心から応援したいです。何かお役にたてることがありましたら、とても嬉しいです。

【年齢、性別】

年齢:60歳代、性別:女性

【保有資格、保育関連経験】

保育士
保育園4年半、ベビーシッター2年6ヶ月

【習い事プラン対応可能スキル】

・心と脳を育むピアノレッスンシッター 
 対象年齢:5-12歳
・子どもの世界を拡げるバイリンガル(英語)シッター
 対象年齢:3-12歳
 (日本語で二語文以上が話せること)

【プレ習い事プラン対応可能スキル】

・プレミアムベビハグシッター(0歳児の保育経験3年以上)
・おはなしシッター(絵本や時にはパネルシアター、ペープサートなどを使い、お子様の集中力・全ての学習の基本となる国語力を養います。お子様ひとりひとりの発達段階に合わせた絵本のご紹介も。)対応可能年齢:0-12歳
・宿題シッター(学校の宿題を見させて頂きます。)対応可能年齢:6-12歳

【子育て支援(家事)】

・宅配便(受け渡し、宅配ロッカーからの取り出し)
・洗濯(洗濯、干す、取込、畳み、片付け)
・食器洗い
・掃除機
・アイロン
・買い物

【病児対応】

不可